« 沖縄の島、転々のはずが… | トップページ | 波照間島観光 »

2006年7月17日 (月)

波照間島へ行ってきました

今日から先週一週間の沖縄旅行について書いていこうと思います。

ちょっと長くなってしまう日もありますが、時間のある時におつきあい下さい。本当だったら携帯で書き込めばリアルタイムでいいのですが、今時とは思えない古い形の携帯を使っているため写真がおくれません… 悲しいかな悪しからず… 

7/10(月)

 自宅から始発で羽田に向かいました。 乗ったのはANAの石垣直行便です。 本日は石垣から船で1時間の波照間島を目指します。

 でもでも船が出るか分からない(波が高いため)とのこと。 「出てくれー!」と念じました。 その甲斐あってか(?)12時出航決定です。

 すごい揺れで船底を海面へ叩き付けながらの船旅です。その辺のジェットコースターより安全が保証されてないぶん怖さ倍増でした。

 でもさすが離島を目指す旅行者達は強いですね。あんなにすごい揺れでも誰も酔っていない!!! 波照間島民の赤ちゃんは眠っている!?!? 私も少々のことは気にせず強く生きていこうと思いました。(もちろん私も酔っていません(^_^)v)。すでに強い?

・まぼろしのハイビスカス(デイゴの花) 

宿到着。  強く生きようという思いもあっという間に吹き飛び、あまりの暑さでしばらく部屋で寝ていることにしました(^_^;)  部屋のクーラーは一時間100円。意地でも点けません!

 そのとき今回一緒に旅している「ちびざる」(当たり前ですが人間です)が島内一人散歩中、うす水色のハイビスカスを見たというのです。2輪しか咲いていなかったとのこと。

 翌日デジカメ持参で咲いていた場所へレンタサイクルをとばしたのですが、どこにも咲いていません… 

 ちらっとちびざるへ疑いのまなざしを向けましたが、「絶対咲いていた!」と言い切ります。う~んちょっと半信半疑ですが、本当なら見てみたかったです…

・ピコハン!ウタマヌ トゥンジ=危ない!子供の飛び出し

Imgp0701 波照間島を散歩していると「土地の言葉の看板」が目につきます。交差点で、こんな看板を目にすると却って「何?何?」と交通ルールが怪しくなってしまうのは、私だけでしょうか(^_^;)

 

 

 

・マンホール

Imgp0703 旅に出て機会があると写しているのが、その土地の「マンホールのふた」です。 今回の第1弾はもちろん「はてるま」です。 日本最南端の有人島です。

 

 

 

こんな島内散歩で長かった旅の一日は終わりました。 さすがに三時半起きでの移動は疲れました(^^;)

|

« 沖縄の島、転々のはずが… | トップページ | 波照間島観光 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄の島、転々のはずが… | トップページ | 波照間島観光 »