« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

フラフープとして楽しむ!?

いろいろ、買い与えましたが思ったより気に入ったのが「うたた寝ハウス」です。

なぜあんな枯れた草をほじくって食べるんだい?という疑問をよそに今日もバリバリ食べています(^^;)

そして枠の竹を取り出してしまいました。。。

Photo_52 そして自ら輪の中へ 

 

 

 

 

Photo_53 福゚、頭を振るんじゃなくて腰を振らなきゃ! 

 

 

 

 

Photo_54 そんな私の助言には耳も貸さず、凄い目つきで格闘中です。。。 

 

 

 

画像、ブレブレですみません。。。m(_ _)m 

 けっこう飽きずに遊んでいます。 ちゃんとしたオモチャよりこういうなんだか分からないものの方が楽しいみたいです!?

| | コメント (0)

2006年9月27日 (水)

東京タワー登れず…

 S 先日 ソムリエ田崎真也さんのお店「S」に行ってきました

2度目の来店ですが、前回お邪魔したときとまったくお味が変わっていたような。。。 

シェフが変わったのでしょうか??? 

う~ん 私の好みとは変わってしまったのが残念です(T_T) 

 

Photo_51 せっかくここまで来たのだから♪ と東京タワーを徒歩で目指しました。

トコトコ、トコトコ10分ぐらい歩いたでしょうか。赤くきらめく東京タワーに到着です。

みんな見上げてゆっくり観賞しています。

私たちもまずはタワーに登ってあとでゆっくり下から眺めようと思って入り口に向かうと。。。締まっています。

東京タワーに登りたい場合は21:45までだそうです。 すでに22:10(T_T) 

はじめて来たのに。。。 次回は早めに到着します(^^;)

| | コメント (0)

2006年9月26日 (火)

うさフェスタ2006

 昨日は11/11(土) 12(日)に開催されるうさフェスタの主催ショップ「うさぎのしっぽ」に行ってきました。

今回はうさフェスタに出品展示するための説明会なので、お店ではなく事務所のほうへおじゃましました。

アーティストブースとして20もの方たちが出品予定です。私は陶器系の出品ですが、粘土細工やイラスト、ガラスなどなど、いっぱいで自分のブースそっちのけで買いまくりそうで怖いです(^^;)

私も気合いを入れ直し、作品を用意して臨みたいと思っています   p(^^)q

追記♪ 出品予定の作品を随時UPしていきたいと思っています。

まずは

Photo_59 ティーバックトレー。 小皿です。

中央のうさ柄は同じですが、ティーポットの白磁に違った装飾をあしらって4枚ほど作ってみました。

自分がグレーのネザーランドドワーフを飼っている関係上、売りたくないほど(!?)お気に入りです(^^;)

Photo_7

湯飲みです。

色違いで5客作ってみました。

 

 

Photo_9 17センチぐらいの角皿です。

こちらも色違い&ちょっとしたデザイン違いで5枚作ってみました。

Photo_12 直径11センチぐらいの小鉢をこれ又5個作りました 

 

 

 

 

Photo_13 裏はこんな感じです。 

ウサギのほかに大きくいろいろな植物をあしらってあります。 

 

 

Photo_15 ウサギだけでなく、紅葉柄も施してみています(この画像では確認できませんが。。。)

季節を問わずに使って頂けるデザインにしています。

Photo_17 洋物は今回出品が少ないので是非チェックしてみてください。(*^_^*) 

 

 

 

Photo_21 お香立てです。 

後2,3個デザイン違いで出品できれば。。。と思っています。

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

箱根湯本でランチ&日帰り温泉

 うさぎとうつわという表題はどこへ!?と思うほどお出かけばかり書いている私(^^;)

今日は一人で家にいたら、ひねくれたくなるほどの気持ちの良い天気でした。箱根湯本で女三人待ち合わせしています。 西湘バイパスを走り向かいました。

海がエメラルドです。 久しぶりにこの色みました~ 車中一人なので写真に撮れなかったのが残念です。 いや~ でも本当に「綺麗だよー」と独り言を言わずにはいられませんでした(^^;)

Photo_48 集合したら、まずはランチ♪ということで「スコット」へ  

ここでポイントは注文の仕方です。「あら、まだ書いてないの?」と店員に言われてしまいました。 どうやらメニューに付いている番号と数量を置いていった紙に書いておくシステムらしいです。 

量が多いのですがお持ち帰りにも応じて(店のシェフが勧めてくださいました)いただけます。

今晩の我が家のおかずの一品になっています(^_^)v 

Photo_49  今回はこちらの湯本富士屋ホテル日帰り温泉¥1800バスタオル&タオル付きに行ってきました。 

お湯は私には合っていてとても気持ちが良いです。

露天風呂から見上げると木の葉の隙間から青い空が見えて「来て良かった~♪ 小さな幸せここにあり!」と心底感じました。

Photo_50 サウナは50℃設定のトロンサウナでした。 

低温で入りやすかったです。汗も噴き出て満足満足。 

 

 

 

その後は湯本駅前のお店をブラブラと見て回り、ハチミツ屋でジュースとまんじゅうを買い食いしたり、自分にどら焼きのお土産を購入したり♪と気ままにすごし帰ってきました。

今日は現世の極楽を味わった一日でした(^^)

| | コメント (0)

2006年9月23日 (土)

秋の空です

実際のところ、お出かけではなく、自宅で秋らしく読書なんかしていてフッと顔を上げたらこんな空でした

Photo_47 なんか秋らしいですよね~

このままではあっという間に冬ですね(^^;) 

今日はウダウダと、せっかくの気持ちの良い秋を家ですごしてしまいました。

明日は箱根湯本へ行ってみようと思っています(^^)

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

久米島 『海ほたる』観賞ツアー

イーフビーチホテル主催で毎日出ているツアーです。一人¥4200 高くないか!? 申し込むか最後まで悩みました。

「海ほたる」自体いったい何なのか…? 4200円の価値があるのか…?

日没によって出発時間がことなります。私たちの時は18:20ぐらいにホテルを出発し、近くの港から出発です。 参加人数は。。。 私たちだけ!? 船が貸し切りなだけでなく「はての浜」の横にある「ナカの浜」にも私たちだけです。

は~っ贅沢です。 ここで一時間の自由行動。夕方の海を眺めながらのビール最高です。 お好きな方はビールと簡単なおつまみ系を持って行かれるといいかもしれません(^^)

Photo_45到着時はこんなに明るかったのですが、あれよあれよという間に。。。 

 

 

 

Photo_46 こんなに真っ暗です。なにしろ海の中にポツンとある浜なので真っ暗とはこういうことなのか!と改めて思うぐらい真っ暗です(^^;) 

一時間経つと添乗の人が船から浜におり、集合をかけてくれます。 本当はここから星の説明があります。 私たちの時は雲が多くて残念ながら見ることができませんでした。 

さあ、帰りの船が走り出します。 あれれ?海ほたるにはいつ会えるんだろう???と思っていたらグラスボート仕様の船の底がキラキラ流れ星のように見えます。 あまり興味がなかったので海ほたるとは海中のプランクトンが危険から逃れるために出す体液(?)だと 知らずに乗っていた私は、うっすら感動です(T_T)

今回の久米島、スコールに何度かあったり(7月の波照間で台風直撃されているので、この程度ほとんどきになりません(^_^)v)もしましたが、本当にゆっくりのんびり出来て良かったです。 最後に浜を貸し切り状態で満喫したりもできましたし。。。空いている9月の久米島お勧めです。

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

外耳炎の治療後。。。

 自分が外耳炎だ、中耳炎だ、と病気したことがなかったのでドギマギしてしまいましたが、快方に向かっているようです。でもレーザー治療をした翌日は耳が立たず、頭を振ると軟骨が鳴っているような音がしたので、このまま片耳垂れウサギになるのかなぁと思いました。

お陰様で今日は元気に(?)両耳立っています。 外からあてたレーザー治療の赤みもだいぶ引いてきているようです。

今日はもらってきてある点耳薬、ティーツリーオイルを点してみようと思います。

又嫌われてしまいそうです。。。(^^;)

| | コメント (0)

2006年9月19日 (火)

福゚ 外耳炎。。。

 久々に福゚のことを書くというのに、外耳炎のことだなんて(T_T)

Photo_44 病院に行って告げられました。 

小さいときからよく首を振る子だったのであまり気にしていなかったのですが、やっぱりなんか変! ナデナデされるのが大好きだから温和しくしているけど手を離すとすぐに耳を掻く。ひどいときは撫でられている最中に体を起こし耳を掻き出す。。。 

ちょっと考えれば病気っぽいですよね。 もしかして我が家にきた一年半ぐらい前から病気の前兆があったのかもしれません。 でも初めてのうさ飼いだったので気づいてあげられなかった。。。 本当 ごめんなさいの気持ちでいっぱいです。

結局レーザー治療と点耳薬の投与、そして週二回、一回2滴するようにと点耳薬を貰って帰ってきました。 外耳炎の原因は???と尋ねてもはっきりした回答は貰えませんでした。

レーザー治療で耳が赤くなり、点耳薬で毛の濡れた姿は可哀想で。。。 元気元気と思っていた思い上がり反省です。 ごめんね。。。

でも食欲旺盛な姿をみせてくれています。 ちょっと安心します。 ありがとね、福゚(^^)

| | コメント (0)

2006年9月17日 (日)

久米島 『食べ物いろいろ』

Typhoon   リゾートホテル久米アイランドで購入しました。 お酒です。 ちびざるチョイスだったのですが、これはすごく独特の味がしました。初めて二人とも飲み切れないお酒に出会い、思い出になりました(^^;) 

 

 

Photo_33 こちらも初めは久米アイランドで購入しました。でもAコープまで足を運べば2リットル¥480→¥380 500㏄¥180→¥160です。

せっかくだから!と硬度1000にしましたが、250が飲みやすいです。 1000はちょっと癖があり、ちびざるはほとんど飲みませんでした(^^;) 

 

Photo_34 たんかんってなんだろう~?と購入。

味はバヤリースに似ていました。 

 

 

 

Photo_35 ゴーヤビールなんてどんな味!?と興味津々で買いましたが、後味にゴーヤの香りがする程度でした。 そうですビールは元から苦いのです。。。 

 

 

 

Photo_36 比屋定バンタにある売店で売っていた「田芋」の揚げ菓子です。 里芋のようなねっちょり感がありました。 私は気に入っています(^^) 

 

 

 

Photo_37 「居酒屋三坊」でランチそばしたとき、JALのクーポンを見せてサービスしてもらった紅芋のアイスとシークァーサーシャーベット 

 

 

 

Photo_38 「波路」でできたてを食べたサータアンダギー。

これも美味しかったのですが波照間の民宿「みのる荘」の女将が台風で閉じこめられていた私たちに作って出してくれた ごま風味黒糖サータアンダギーの味が忘れられません。 今まで食べていたのは何だったんだ!? これぞ沖縄伝統のおやつ!と感動しました。 

今回の台風13号も石垣周辺を通ったようですね。みのる荘では又畳を上げたり雨戸を閉めたりお客が軟禁状態になったりと、大変だったのでは。。。と思いをはせています。 

Photo_39 「亀吉」で扱っていた珍しい食材サクナ。天ぷらやチャーハンでいただきました。 若干苦みもありますがゴーヤに比べればあってないような苦みです。気に入りました(^^) 

 

 

 

Photo_40 「海皇」でランチしたとき、大奮発して追加オーダーした¥3500の一口あわび寿司 こりこりとした歯ごたえは薄くスライスされていても アワビだな~と思わせました。 

日本一の一口アワビ!と写真屋さんに幟がたっていたので気になっていたんです。 なぜ写真屋でアワビ!?  

 

Photo_42  Aコープで久米島高校ブランドの「ドラゴンフルーツ」が4個¥298で売っていました。 商品についていたラベルには「久米島高校ドラゴンフルーツ 白」 と書いてありました。

 

 

Photo_43  「白」とはこの中身の色のことでしょうか? 白以外にも色があるのでしょうか???

石垣で食べたときにあまり美味しくなかったので避けていたのですが、今回「洋食屋」さんで食後に出して貰ったドラゴンフルーツが思いの外美味しかったので、再チャレンジしました。 なんだか個体差があるような気がします。とても美味しかったり、ほとんど味がなかったり。。。 美味しいドラゴンフルーツの見分け方、知りたいです(^^;)

Photo_41 黄金焼ナカムラ陶芸 

コーヒーカップの色、すごいですよね。黄金焼とはよく名付けたものです。

ここでは併設のカフェでお茶しました。ちょうどスコールに遭っている時だったのですが、だからでしょうかとても景色が綺麗でした。庭から山々へ雨で洗われた緑が続き、遠くには自分たちが泊まっているホテルや海が見えます。 旅行の日程に余裕のある方は立ち寄ってみてください。 なんだかゆったり洗われた気分になれるかもしれません。。。(^^)

| | コメント (0)

2006年9月16日 (土)

久米島 『はての浜』

 久米島に先に遊びに行かれ方たちのアドバイスによると、久米島でここは外せない観光スポット!ということで、私たちももちろん行ってきました。

ただ行く!といっても海の中に出来ている砂浜なので自分たちで自由に行けるところではありません。 

Photo_31 30分ぐらい船に揺られて行くとこんな感じで見えてきます。 

見ての通り何も無い所です そこが良いところで観光客が気に入るのでしょう(^^)

観光ツアーのパラソル等保管目的でちょっとした掘っ立て小屋とトイレだけはあります。

後は真っ青な海に囲まれた白い砂浜(流れついたゴミが少々目に付きます(T_T) )しかありません。

ここで自由に時間を過ごします。天候等で前後するらしいですが、今回はだいたい滞在時間2時間半ぐらいでした。

ここには日陰はありません。 必ず(?)参加するツアーにパラソルの貸し出しがあるか、確認したほうがいいと思います。

私たちが参加した9月はとても良い風が吹いていて、目の前の海を眺めながら風に吹かれて極楽でした。 ツアーに添乗してきた人に「いつもこんなに風が吹いていて気持ちいいんですか~?」と聞いたところ、「8月は無風の日が多くて参りました(T_T)」とのことでした。 ここで無風。。。ちょっと想像すると怖いです(^^;)

「はての浜」ではイーフビーチホテル主催のスノーケルツアーに参加したのですが、どこでもこんなに安全対策をしっかりやっているのでしょうか?

 ダイビングライセンスを持っていない人はスノーケル教室に参加しなければなりません。 私たちはダイビングライセンスを持っているので免除でしたが、みなさん「はての浜」に上陸せずにスノーケル教室で30分ぐらい練習していました。

やはり30分ぐらいの練習でいきなり足の立たない海は怖いですよね。半分以上の人がライフジャケットを着けてのスノーケルとなりました。 それでも沖縄の海は綺麗なので底にいるクマノミだってちゃんと見えます。 みなさん満足されているようでした(^^)

「はての浜」 二度は行かなくていいけど、一度は行きたいところ♪ というのが正直な感想です。 

| | コメント (0)

2006年9月15日 (金)

久米島 『OHマイナスイオンミスト』老化防止・若返り

実は 今回久米島旅行で一番書きたかったのはこのことなんです(^^;)

イーフビーチホテルの正面横に「癒しのふぅ~久米島店」はあります。初め見たときはイーフビーチホテルに併設されているのかと思ってしまいました。

岩盤浴¥1100 ゲルマニウム温浴¥1600 ゲルマ+岩¥2300 ゲルマ+岩+OHマイナスイオンミスト¥2500 です。

岩盤浴お安いですよね~ それにゲルマも良い器械を使っていて楽々の体勢で受けられます。

Oh OHマイナスイオンミストはこの椅子に座って20分間受けます。 

 

 

 

順番はゲルマ+岩盤浴+OHマイナスイオンミスト と行うのが効果的♪ とのことでした。

ゲルマも岩盤浴も設備がよく、快適です。岩盤浴は温度が低いのでは!?と思うほど熱さによるストレスがありませんでした。

ゲルマと岩盤浴で汗を出し切り、OHマイナスイオンミストで顔のクールダウンをはかります。 老化防止・若返りと謳うだけあって、ほうれい線が消えています!?!?!?(*^_^*)  効果は一日しか持ちませんでしたが、あのときめきは忘れられません♪

翌日又「癒しのふぅ~」に足を運んだのは言うまでもないでしょう。。。(^^)

営業時間 年中無休 8:00~23:00 ということですが、最初に行った日は16:00まで臨時休業だったみたいです(そのせいか17:00にうかがうと、ものすごく混んでいてあまり良い対応ではありませんでした(T_T) ) お出かけになる際には一度電話していった方がいいかもしれません 098-985-8160

| | コメント (0)

2006年9月14日 (木)

久米島 『あちこち観光』

 Photo_25

野生のミニトマト!?

ちょっと薄暗いジメジメした感じのところに自生していてビックリです 

 

Photo_26

自然に育つんですね~ 私はプランターで一生懸命育てたことがありますが。。。 

 

 

 

Photo_27  パイン園では観賞用のパインも育てていました。

一皿(小さなパイン一個分)¥500のパインと¥300のジュースをいただきました。

ここに置いてあったパインの絵本はなかなかためになりました。お出かけの際は是非ご一読ください(*^_^*)  

  

Photo_28 

畳石はバーデハウス久米島をめざせばそこの海です。 

 

 

 

Photo_29  ドライブしていたときに偶然見つけ、観光してみようとガタガタ道を登っていくと、受付らしからぬ受付が。。。

値段が出ていません。車を降りずに受付嬢にお値段を尋ねると「800円!」とのこたえ。 値段と受付小屋に不安を感じ踵を返してしまいました(^^;)

見学してきたほうが良かったのか。。。否か。。。

 Photo_30

 「熱帯魚の家」とガイドブックに載るだけのことはあって、引き潮で岩場に取り残された魚たちがいっぱいいます。

日陰は全くないので日焼け対策万全で遊びに行った方がいいかもしれません(^^)

 

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

久米島 『ウミガメ館』

なかなか限られた日程の観光旅行でウミガメ館まで足を伸ばすのは難しいですよね。

でも雨に降られた日などに気軽に立ち寄るといいかもしれません。 興味をもって展示物に臨めばなかなか楽しめ、いろんな意味で勉強になりました。

環境問題も多くのスペースを割いて取り上げられていました。 私も海のそばで育ったのでゴミのポイ捨てや、花火のかすなど海岸が汚れることを昔から嫌だなぁという思いで眺めていましたが、もっと自体は深刻なんだ…とウミガメ館で改めて反省しました。

こんな小難しいことを考えなくてもウミガメ館にはかわいい子亀もたくさんいて楽しめます。

お気軽に♪ といったところでしょうか。。。

Photo_24  

このようなカメの写真がいっぱい展示してありました。

実際にいるカメはすべて水槽の中です。

| | コメント (0)

2006年9月12日 (火)

久米島 『バーデハウス久米島』

Photo_22 ブルーに写っているのがホテルとバーデハウス久米島間を送迎してくれるバスです。 私たちはレンタカーを借りているので利用しませんでしたが、みなさん上手に利用されているようでした。

プール¥2000 スパ・サウナ¥1000 両方利用する場合は¥2500でした。有料で水着の貸し出しもあります。

私たちはせっかく来たので両方体験することにしました。まずプール。本を持ち込んでデッキチェアーで海をみながら読書したりするのも良さそうです。屋内外にジャグジーがあります。日差しは気になりますがやはり屋外ジャグジーは外せません(^^)

少し体温より低い水温なので、冷えてきたらハーブ香るスチームサウナへ。香りがよくて体ポカポカです。プールでは肩こり解消コースや疲労回復コースなど、画面を見ながら個人で運動ができ、結局2時間半もプールで遊んでしまいました(^^;)

そしてスパ・サウナへ。一度水着から洋服に着替えて移動しなければいけないのが???です。

露天で円形のお洒落なお風呂♪ と思って入ったら ぬるい。。。(T_T) プールで冷えた体を温めたいと思っていたのに。。。

サウナは「アウフグース」という(アロマ水を熱せられた石に注ぎかけ蒸気を発生させ、店員がタオルを振り回し、香りと心地よい熱風を送ることで一気に発汗をうながす)本場ドイツでお馴染みのパフォーマンスをお楽しみください。とパンフに書いてあった(帰ってきてから気づいた(^^;) )のに、特にただの高温サウナがあるだけ「アウフグース」のサービスはありませんでした。。。

スパ・サウナゾーンはパンフに書かれているのとは随分違うなぁ というのが正直な感想です。

う~ん スパ・サウナゾーンはいらなかったかも・・・!?

イーフビーチホテルの海洋深層水展望風呂が恋しくなった瞬間でした(^^;)

Photo_23 待ち合わせはここお休み処

1個¥30のサータアンダギーをほおばり、行きの機内で配られたJALのクーポンを使ってちゅら茶をいただき、ちびざるを待ちます。

さすが沖縄 畳が琉球畳です。

送迎バスが出るとお休み処には私たちだけになってしまいました(*^_^*)

| | コメント (0)

2006年9月11日 (月)

久米島 『イーフビーチホテル』

 今日から先週遊びに行ってきた久米島について徒然書いていこうと思っています。

今回は9/3~9という日程で行ってきました。直行便(9月まで就航)だと到着が夕方になってしまうので行きは乗り継ぎ便、帰りは直行便にしました。

久米島空港12:30着。インターネットで予約しておいたレンタカーを借りて久米島散策のスタートです。

Photo_19 とりあえず今回のお宿イーフビーチホテル(イーフビーチホテルは今年の7月からANAグループからはずれたようです)に向かうことにしました。

 14:00チェックインまで時間がありますが、案の定時間前でも快くチェックインさせてもらえました。最初に言われた部屋は213号室でしたが「禁煙室があるってきいたんですけど。。。(^^)」と希望したら317号室へ変更になりました。

ちなみに、このホテルは3階建て。エレベーターなしです。

Photo_20 部屋は広めでいい感じでした。

目の前にはイーフビーチが広がっています。 

 

 

 

Photo_21 「リゾートホテル久米アイランド」とどちらのホテルにしようか迷ったのですが、部屋からの眺めで自分たちにはこちらのホテルの方が好みだと思いました。

ただ残念なことになぜか部屋から撮った写真がこれしかなく、実際は一面海で手前に白砂。。。ととてもステキだったのに(T_T) 

 

売店は「リゾートホテル久米アイランド」の圧勝です。何度か売店だけ利用しに行ってしまいました。(^^;)

イーフビーチホテルには宿泊者専用一回¥525 フリーパス¥1050の海洋深層水展望風呂があります。 これはいいです!!(風呂好きだからの感想でしょうか?!)こぢんまりとした石造りで男女各定員15名。6:00~9:00 14:00~22:00に利用できます。朝風呂は特に気持ちが良かったです。

部屋からの眺めと海洋深層水展望風呂。 本当によかった。。。♪

 

 

 

 

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

一週間の久米島旅行

 7月には台風で、図らずも波照間島に一週間缶詰になってしまいました。今度こそは!と臨んだのが今回の久米島旅行(9/3~9)です。 来週あたりから書いていきたいと思っています(^^)

まずは別宅で待っている(?)福゚を明日迎えに行きます。 特に私が迎えに行っても走り寄ってくることもないんですけどね(^^;)

| | コメント (0)

2006年9月 8日 (金)

クアラルンプールのSOGO前

 この文章は前回、前々回の続きです。今日初めてお読みになる方はお手数ですが二回前から読んで頂けると意味が通じると思います<(_ _)>

ゆかりさんが一晩帰って来なかった。。。そのことを知ったのは朝食の時だったと思います。 なんかさとみさんが落ち着かず現地係員に話している言葉が聞こえてきたような。

実際よく覚えていないのですが、ゆかりさんが居ないのは帰るために向かう空港行きのバスの中にいないので確かです。

バスの席は偶然さとみさんの後ろ。 さとみさんは現地係員に説明するためなのか、自分の気持ちを整理するためなのか昨日帰って来なかったゆかりさんとの経緯を書いたメモ紙を持っています。 友人が後ろからのぞき見した結果内容は『私は(さとみさんのこと)夜7時にSOGOの前でゆかりさんと待ち合わせをしていました。でも彼女はいくら待っても来ませんでした。ホテルに帰っているのかも、と思い一人で戻りましたが彼女の姿はなくそのまま朝を迎えました』というものでした。(もしかしたらもっと書いてあったのかも知れませんが友人が私に聞かせた言葉を今となってはこれぐらいしか思い出せません)

私たちは「えー?!」と思いました。 だってこの旅行中ほとんど口をきいていないほど険悪なのになんで最後の晩にそんな人同士が一緒に過ごそうという発想になるのか。

こうなると私たちは無責任に想像を巡らします。「ゆかりさんが自らの意志で勝手に姿を消した」 「頭にきていたさとみさんがゆかりさんを。。。」 などなど、2時間ドラマの筋書きのような内容がいろいろ浮かんでは消えます。

どうなるんだろう?と思っている私たちをよそに、ゆかりさん以外の出国手続きは着々と進み、何事もなかったように成田へ到着、そして解散。

これでこの話は終わりなんです。その後特に行方不明といって世間を騒がすニュースになったわけでもなく(そのころは普通に働いていたのでニュースを見過ごしたかも知れませんが…そして今ほどネットで検索が簡単にできる時代でもなかったので本当のところは分かりません)私と友人にはなんとも薄気味悪い、けど忘れることの出来ない旅になりました。

これって「ツアー1989」でいう、『仕込み』なのでしょうか? 本では影の薄い人を居なくならせるのがお決まりのようでしが、私たちのツアーはあまりに強烈な印象づけをさせておいての、蒸発。。。

人間はすぐに一定の刺激では慣れてしまうので「影の薄い人」がいなくなったというようなはっきりしないものより、完全にあの人が行方不明!という恐怖を味あわせるためのツアーに変わっていったのでしょうか??? それとも本当にゆかりさんはいなくなってしまったのでしょうか…

結局私の中では不思議な旅として記憶に残っています。以上です。

「ツアー1989」を読んだことで記憶が蘇り、なんか書き記しておきたくなって書いてしまいました。すみません、こんな結論の出ない徒然話にお付き合いいただいてしまって(^^;)

| | コメント (0)

2006年9月 6日 (水)

ランカウイ島へ

 前回の続きです。 今日初めてこのブログをご覧になる方はお手数ですが、前回のブログを読んでいただくと意味が分かると思います。

 もういつ行ったのかはっきり思い出せません。でも10年ぐらい前だったような気がします。高校時代からの友人が海外旅行をしたことがない!ということだったので、それなら付き合うよ♪と軽い気持ちで結構大手(今でも毎月旅行パンフが届く)のツアーに申し込みました。

ランカウイ島+クアラルンプール観光4泊5日(だったような(^^;)) 

女二人、海を眺めゆったりです。 なぜこんないいところに女二人なんだろうね~(T_T)などとお決まりの愚痴をいいながらすごしました。

ここで本文の流れにはまったく関係ありませんが、そのコテージはすごい数の蚊でした。夜寝ていて羽音がするので耳元で適当に手をたたくと蚊を殺せている!?というほど。。。 今は違うかもしれませんがもしランカウイ島の旅の予定がある方は蚊取り線香&虫よけをお持ちになることをお勧めします。

そんな大変な夜が明け、朝食の席に向かうとやはり同じように女二人で来ていた同じツアーの旅行者の一人(偽名さとみさんとさせてください)が座っていました。

「どうしたんですか~ お連れの方は?」と社交辞令的に声をかけると待ってましたとばかりに居ないお連れの方(偽名ゆかりさん)の文句を言い出します。

まぁあんなに蚊がいたんじゃ寝られなくて喧嘩もするわなぁと言葉半分に聞いて切り上げました。 このお二人、たしか会社の仲間で先輩後輩(どっちが先輩かとかは忘れてしまいました)で旅行に来たとのこと。 会社の先輩後輩で一緒に旅行するぐらいなんだから、喧嘩は何でも言い合える仲の良い証拠なんでしょ~ ぐらいに思っていたのですが、違っていたのです。 

 その旅行中、二人の険悪さは続き、結局さとみさんは私たち以外の女二人旅の人とほとんど一緒に行動しているようでした。

 私たちはさとみさんからばかり話かけられたのでゆかりさんが本当に我が儘で酷い人なのかよく分からなかったのが事実です。でもランカウイ島からクアラルンプールへ向かう船だったか飛行機だったかを待っているとき、そこの係の男の人を3人ぐらい引き連れてゆかりさんが歩き回っているじゃないですか!?  何かトランジットで荷物でも無くなったからだったのでしょうか? でも慌てている素振りはなかったのです。

それを見て私たちは「確かにゆかりさん、普通じゃないよね」とここでやっと納得したのでした。

そしてクアラルンプールで寺院などを観光した後はお決まりの自由行動。そして一泊して翌日日本へ帰るということになっていました。

だけどその夜、ゆかりさんはホテルに帰って来なかったのです。

(こんな文章でやめるのは、安いドラマが次回を引っ張っているようで申し訳無いのですが、ご勘弁ください<(_ _)>) 

| | コメント (0)

2006年9月 4日 (月)

TOURツアー1989

 Photo_1

最近中島京子著「TOURツアー1989」を読みました。

私が書きたいのは感想ではないのですが、どうしても内容を少し書いてしまいます。 これからお読みになる予定の方は是非読破後、このブログを読んでください。m(_ _)m 

そしてブログの内容は事実を書いたものなので、クライマックスやオチなどを期待して読まないでください(^^;)

出だしは「凪子(なぎこ)に思い出せもしない人から、過去に書かれたラブレターが届く。。。」といった感じです。

この差出人は、陰がとても薄く海外旅行のツアーで意図的(!?)に置いてきぼりをくってしまうのです。ツアーで行ったのにそのツアーの方たちと一緒に日本に帰って来ない、という設定です。

この本自体の内容が一貫していなく夢見心地なので、書いてあることが統一されていないのですが、私が引っかかったのは「旅行会社があえてツーリストを旅先に置いてくる」という部分でした。

私は著者の中島さんがどういう意味を持ってこれを書いたのか、実話も混じっているのかまったくの想像なのか知りません。 でも私が参加したツアーでも一人消えてしまったことがあったのをこの本は思い出させました。

そのことを次回から書いていこうと思います。

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

鉄板グリル鎌倉山店

 昨日久しぶりに藤沢のビルの中にある「鉄板グリル鎌倉山」に行ってきました。ここは鎌倉山にある「ローストビーフの鎌倉山」本店の系列です。本店はお屋敷風のところで食べることが出来るので、ゆったりゴージャス感を堪能できますが、車で行かないと不便なところにあり、お酒を飲む私たちにはちょっと行きにくいのが残念です(タクシーで往復するのももったいないし…(^^;) )

その点鉄板グリル鎌倉山は駅前なので交通の便が良いのもポイントの一つです。そしてローストビーフではなく目の前で焼いてもらうステーキなので万人向けです。

当日に19:30の予約を急遽とり伺いました。

Photo_18 こちらのお店、エレベーターを降りるといきなり店内なので心の準備をしておかなければなりません(^^;)

ということでお店の外観の写真はありませんm(_ _)m

まずはウエイティングルームヘ

ここで食前酒をどうするか聞かれますが、私たちは食事時に赤を一本頼むつもりなのでここでは遠慮します。

夏のコース¥9500×2 赤ワイン5000円 ガーリックライス¥630を頼み、鉄板前の席へ移動です。(サービス料12%がつきます)

コースメニューにパンしかなく以前食べたとき美味しかったガーリックライスが食べたくて別オーダーしましたが、味はその時によるらしいのですが一口ライスはステーキの横に添えられてきました。 昨日はガーリックみそライスで美味しかったです(^^) 

ガーリックライスが付くなら注文時に一言言ってよ(T_T) と思ってしまいましたが…

冷前菜はお刺身やウニの茶碗蒸し、生ハムなど

温前菜はフォアグラでした。こちらフォアグラ自体も美味しかったのですがソースをパンに付けて食べるのがお勧めらしいです。確かに本当に美味しかった♪

じゃがいもの冷製スープ  もうこのあたりで私たち的には腹九分まできています(T_T)

そして少ない余力でメインのステーキをいただきました。美味しいことは言うまでもありません  叙々苑の焼き肉弁当以来の牛肉です(^^) 西洋わさびも添えてあります 西洋わさびってきつくなくて食べやすいんですね~ 普通に売っているんでしょうか? こんど自宅でもチャレンジしてみたいと思いました。

そしてデザート。 ワゴンサービスで好きな物を2種類選ぶ形です。 ここまで来るといい感じで酔っぱらいの私は「今日はこの人(ちびざる)の誕生日なのでこの人にはもう一品サービスして♪」と笑顔のごり押しで3種盛りゲットです(^_^)v (誕生日なのは本当です)

そんなこんなで、無事に(?)誕生会は終わりました。

ちびざるの誕生会でしたが、本人より夕飯を作らないですんだ私の方が幸せ顔だったのは言うまでもありません(^_^)v

| | コメント (0)

2006年9月 1日 (金)

湯快爽快 酸素バー

 ゲルマニュウム温浴に付いていた酸素バーを体験しました。数ヶ月(数年?)前、テレビで見て興味を持っていた酸素バー。 体験できるとワクワクです(^^)

酸素バーには二つ、器械が並んでいます。一つに付き4種類の香りを楽しめます。時間内はスイッチで好きな香りに随時変更可能です。ただし一台は一種類が水だったので選択できる香りは3種類です。水は香りが苦手な方用とのことです。 香りには「高揚」「安らぎ」「癒し」「活力」等効用の説明がありました。お好みで♪といったところです。

 シュワー クンクン フムフム こういうものなのか!っといった感じです。 友人曰く200円払ってまではやらないかな~。。。

何ごとも経験です。 酸素バー体験済みとなりました(^_^)v

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »