« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月16日 (月)

熱海梅園とあたみ桜♪

201502151
この週末、良い天気に誘われて、熱海の梅園を目指しましたcar

案の定、混んでいて車は最寄りの駐車場には駐められず、そのまま坂を登りここが満車だったらもう上にないんじゃない!?と思わせるミニストップの前のいかにも民家の敷地内へcoldsweats01

一応一律500円のよう。そして薄く2時間までと別の駐車場には書いてあったのでおそらく全体が2時間制限かも。

駐車場から最寄りの正面ではない入口から入れます。

201502152
正面から入るとまずはこんな景色♪

201502153
まだ蕾もしっかりいっぱいついていたので来週末でも十分楽しめますhappy01 垂れの梅(?)は全然咲いていませんでしたsweat01

201502155
お餅つきが行われ、無料で振る舞われ、美味しくいただいてきましたdelicious

201502154

梅園はワンコもお散歩していたりして、動物OKみたいでした。1文字や善炭も連れて行けば良かったbearing

車で移動し、次はあたみ桜祭へ~

今度は川沿いの市営駐車場へ。30分100円なのは嬉しい。^^

201502156

天気は良いけど、日陰になって写真は暗めcoldsweats01

201502157
満開ですcherryblossom

201502158

暖かくてお散歩日和でした。熱海桜はこの辺りでは一番早く咲くからもっと植えて欲しいな~ あたみ桜祭は小さな川沿いだけなので町中のお祭りになって欲しいcherryblossomcherryblossomheart04

今年は河津桜も見に行きたいな~heartcherryblossomheart









| | コメント (4)

2015年2月10日 (火)

コンデンスミルク缶→キャラメル!?

最近はまっているパン作りbread キャラメルを織り込んだパンが食べたい!といろいろ検索すると「粒ジャム キャラメル」とか「粒ジャム メイプル」とかが出てきました。

う~~~ん、粒ジャムだけ買うと送料かかっちゃうし、だいたいお高い。。wobbly どうしよう。。。と悩みながらキャラメルってどうやってつくるんだろう?と更に検索pc

そうしたら、コンデンスミルク缶をお湯で茹でるとなんちゃってキャラメルが出来るとの記述発見eye

やってみました~ 圧力鍋にコンデンスミルク缶を入れ、水をかぶるくらい(缶の上1センチ以上)入れて蓋をして点火bomb

恐いです。。。お湯が沸いたら中で缶がカタカタ言わせながら動いてるshock 絶対爆発しないよねsign02 なんか不安になり同じ空間にいる1文字と善炭のケージに毛布をかけブロック。

私はどうする。。とりあえず近づくときにはバスタオルを前に掲げて接近。人が見てたら笑うよ、この格好catfaceとか思いながら、圧が掛かったら弱火にして40分。このあいだずーっと恐い(coldsweats01

40分後、火を消したらそのまま放置~ これらの時間が長ければ長いほど茶色くなるということなので、圧が下がってもそのまま放って置いて冷めてから取り出しました。

熱いうちに出しても、絶対に缶が冷めてからでないと開けてはいけません、という注意事項が恐くてきっちり冷めてから開けましたbleah

20150209
じゃ~ん 真っ白いコンデンスミルクがキャラメル色に! 味ももうコンデンスミルクの味はしません。ちょっと焦げたようなあのキャラメルの味heart04使うのが楽しみですhappy02

先週末 1文字の爪切りしました~(ちびざるが(@^▽^@) )

201502081
あ。。この格好させられたということは。。!?

201502082
爪切るの? 痛くしないでね~

201502083

大人しく切られておりましたwink  



| | コメント (4)

2015年2月 2日 (月)

トヨ型でラウンドパンを焼いてみました♪

先ほどのブログでは空焼きしてトヨ型の準備が出来たところまで書きました。

やっぱり準備が出来たとなれば焼きたい❤ ということでチャレンジすることにp(^^)q

レシピは、今までHBでそのまま焼いたパンの中で好きだった生地の配合(強力粉全粒粉入り250g)を参考に。トヨ型(大)は外国産小麦だと280g 国産小麦だと300gぐらいで焼くのが良いみたいなので水や砂糖など適当に増やしてカナダ産小麦280gで作ってみました。 

HBで1次発酵までさせました。そして取り出し、まな板の上でガス抜き(ガス抜きって何???と友達に聞いちゃうほどの初心者です(^^ゞ)して丸めて濡れ布巾かけて20分。

201502021
まな板の幅がちょうど成形したい幅の20㎝と同じだったので、ぴったりの幅で伸ばし~

201502022
レーズン25g クランベリー25g オレンジピール30g クルミ40g を適当に散らし手前からきつめに巻き巻き

201502023in

ちょっと幅が大きかったbearing オイルをシリコンハケでまんべんなく塗った型に巻き終わりを下にしてイン!

ここからは多くのレシピでは、オーブンの発酵機能で2次発酵させる、となっているのですが、私はトヨ型の蓋を閉め、上に先ほど使った濡れ布巾をぺらっと掛けて(なんとなく水分が飛ばないで良いのでは!?と思っただけ)、大きなビニール袋に入れてホットカーペットの上で30分放置。。。confident

30分経って蓋を開けて確認したら、型から指一本分上に発酵していたから、多分これで良し!とオーブンを210度へ余熱bomb

10分で余熱完了。

201502024
ちょっと発酵し過ぎたかも(^◇^;) これで蓋を閉めてオーブンへ入れ、設定を200度に下げて25分焼き、さらに上下をひっくり返して5分焼きました。(ちょっと片面が薄い焼け色だったので、次回は20分ひっくり返して10分に変更する予定)

焼き上がったら、型を台に打ち付ける。。。とどのレシピにも書いてあるのですが、「え。。こんなに熱い型に衝撃与えたら歪んで次回から蓋が閉まらないとか、ならないの?」とか「台に打ち付けるって、わが家のどこにそんな頑丈なところがあるのよ!?」とか?マークいっぱいでどうしようか迷ったのですが、とりあえず先ほど生地を伸ばすのに使ったまな板に使いかけが目の前にあったのでなんとなくアルミホイルを敷いて恐る恐る5回ほど平たい面を打ち付けてみました。。。これで良かったのかしら???coldsweats02

201502025

パカッと生地もくっつくことなく出てきましたhappy02heart04

201502026

このパンは立てて冷ますということで、見習って立ててみましたが30分ぐらいしたら倒れましたcoldsweats01 その後横にして30分冷まし、まだちょっと温かさが残ってましたが待ちきれず。。。

201502027
切ってみたら、こんな感じでした~lovely このパンは横に筋が入っているのでそれに沿って切ると均一の厚さにキレイに切れるのは嬉しいgood

味は。。。普通にHBで焼いたモノとそんなに違うかな~?という感じ(^^ゞ でも焼きたてじゃ無くて明日食べると違いが出るのかも!?そう期待して!明日食べるのが楽しみですbleah

追記:やっぱり翌日のしっとり感は、HBだけで焼いたパンより残っていて美味しかったですdelicious  トヨ型、初めてだって言うのにアレンジパンから焼いてしまいましたが、普通の具無しパンも焼いて、味を比べて見たいですsmile

| | コメント (4)

ホームベーカリー、使ってます!

先日購入したホームベーカリー(HB)、今のところ飽きずに使っていますwink

わが家では私しかほとんどパンを食べないので、完全食べ過ぎで、他の所は太くならないのにお腹だけ出る。。という完全小麦っ腹です。世の中は「糖質制限」が流行っているというのに私は大逆送ですthink

20150201

肉まんの生地も作れちゃう~,゜.:。+゜ と感動しながらムシャムシャ食べ過ぎ。

20150201_2

昨晩はちびざるも手伝う(というかメインでパスタ生地作りにチャレンジしてくれる)というので、パスタ生地を作ってみました。前回は一人で作り、まー大変(生地がくっついてホウトウより太い塊パスタ完成。。(>_<))で2度とつくるか!!!pout と思ったのですが二人ならちゃんと出来るかも♪とHB付属のレシピでやってみましたがやっぱりホウトウのように。。検索すると水分が多いと生地がくっつくとのこと。いや~そりゃあ当たり前でしょ、なのになんでレシピは水分量多く書かれてるの!?と怒り心頭(下手くそなだけなんですけどね(^^ゞ)

次回は水分量を40%以下にして作ってみようと、ちびざると誓い合いましたbleah

20150201_3
HBでは美味しくパンが出来ることに味を占め、コレで焼くと美味しいheartという噂の(?)トヨ型を買ってみました~(無謀~sweat01

まずは空焼きしてから使用する、ということなので初めての空焼きにチャレンジ! トヨ型の蓋をひらき150度のオーブンで20分。

20150201_4

型にサラダオイル等をまんべんなく塗って更に240度で20分焼いたら、中はオイルでコーティングされて黄金色になりました~(これで成功しているのかは分からないですが(^^ゞ)

次回はこの型を使ってパンを作ってみようと思っております。成功するかしらheart02難しそうcoldsweats01

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »